疑問文の共通法則

全ての種類の疑問文は、 文の主節の動詞の直前に pa が置かれる。 ここで使われる pa は 「疑問機能辞」 と呼ばれる特殊な単語で、 疑問文であることを標示する役割をもつ。

複数の節が連結辞で繋がれている文が疑問文になっている場合は、 例外的に繋がれている全ての節の動詞の前に pa が置かれる。 複数の節が助接辞の接続詞用法で繋がれている場合は、 前述の通り主節の動詞の前のみに pa が置かれる。

pa salot a loc e pas, lo pa lesac a loc e pil vo fêd?
あなたは誰ですか、 そしてここで何をしているのですか?
pa qetet a loc vo pâd, te liceles a tel e loc te tazît?
私が昨日あなたを訪ねたとき、 あなたはどこにいましたか?

上記に加え、 疑問文では文末のデックがパデックに変えられる。 疑問表現があるにも関わらず文末をデックのままにすると、 疑問ではなく反語の意味になる。 これについては @SXS で触れる。

諾否疑問文

@SKC.構成

諾否疑問文は、 真偽を問いたい内容を表現した文に対し、 共通法則の通りに pa を置いてデックをパデックに換えることで作られる。 その他の語順の変化はない。

pa kilat lakos a loc qi qixaléh?
あなたはシャレイア語を話せますか?

@SKQ.回答方法

諾否疑問文に答える最も簡単な方法は、 疑問内容の真偽に応じて yadu を用いるものである。 ya は聞かれた内容が正しいときに使い、 du は聞かれた内容が誤りのときに使う。 どちらも間投辞であるため、 単独で文を成す。

pa séqes ca loc a ces e gisol? / du.
あなたは彼からお金をもらいましたか? / いいえ。

yadu の使い方については、 疑問内容が否定文になっているときに特に注意が必要である。 疑問文から pa を取り除いた文が正しければ ya を使い、 正しくなければ du を使うので、 英語の yes や no とは異なる使い方になる。

pa dusâfakes a loc e dat? / ya.
あなたは犬が嫌いですか? / はい。

この例では、 疑問文から pa を除いた文が 「あなたは犬が好きではない」 という意味になるので、 ya と答えた人は犬が嫌いであるということになる。

疑問詞疑問文

@SKJ.構成

疑問詞を用いた疑問文は、 尋ねたい部分を適切な疑問詞に変えた文に対し、 共通法則の通りに pa を置いてデックをパデックに換えることで作られる。

pa salot a loc e pas?
あなたは誰ですか?
pa yisat a loc e fakel apéf?
あなたはどんな女性が好きですか?

以下に主要な疑問詞を挙げる。 これらは使われる文法的品詞が決まっているので、 それも同時に示しておく。

意味品詞
pas名詞
pet名詞
pilどんなこと名詞
pâdどこ名詞
pekどんな形容詞
péfどのような, どのように形容詞, 副詞

なお、 上記の表の初めの 5 語は代辞の一種である。 代辞については @SBI を参照。

上の表にない疑問詞は、 助詞と疑問詞を組み合わせることで作ることができる。 例えば、 理由を表す助詞 vade と疑問詞 pil を組み合わせることで、 「どんなことの理由で」 すなわち 「なぜ」 という意味ができる。

pa qoletes a loc e sod vade pil?
あなたはどうして家を売ったのですか?

このような方法で作ることができる疑問詞句は、 以下のようなものがある。

助詞句意味
te petいつ
vade pilなぜ
qi pilどうやって

@SKL.回答方法

疑問詞疑問文に答える最も簡単な方法は、 遊離助詞句によるものである。 遊離助詞句については @SBR で詳しく述べる。

疑問詞が名詞である場合、 もともとその疑問詞が伴っていた助詞に続けて、 回答となる名詞を述べ、 遊離助詞句として答えることができる。

pa lanes a loc ca amerikas te pet? / te tazît.
あなたはいつアメリカに行ったのですか? / 昨日だ。

特に疑問詞が pil の場合、 名詞節が回答となることが多いが、 この場合は 〈助詞 + kin + 節〉 という形で答えることになる。

pa leses a loc te tazît e pil? / e kin câses a tel e ʻyutih.
あなたは昨日何をしましたか? / 私はユティアに会った。

疑問詞が形容詞である場合、 その疑問詞が含まれている助詞句の助詞とその疑問詞が修飾している名詞に続けて、 回答となる形容詞を述べ、 遊離助詞句として答えることができる。 すなわち、 〈助詞 + 名詞 + 形容詞〉 という形になる。 形容詞だけを単独で答えることはできない。

pa sâfat a loc e zas apéf? / e zas asafey.
あなたはどんな人が好きですか? / 愛想の良い人だ。

この形式では必然的に疑問文内で使われている名詞を繰り返すことになるため、 繰り返しを避けるために回答に使う名詞として met が代わりに使われることも多い。 met については @SQC を参照。

pa zedat fegis a loc e solak apéf? / e met afehal.
あなたはどんな服を買おうとしていますか? / かわいいものだ。

選択疑問文

@SKY.ve による構成

複数の選択肢の中から回答させるような選択疑問文は、 疑問詞疑問文における疑問詞に ive 句を修飾させて作ることができる。 ive 句は選択肢を表し、 ive 句の中には選択肢が o で繋がれた名詞句が置かれる。 なお、 シャレイア語には 「どれ」 や 「どちら」 のような選択肢の中から選ばせる意味をもつ疑問詞がないので、 代わりに paspet などの通常の疑問詞を用いる。

pa sâfat a loc e pet ive zef o bag o nev?
赤色と青色と黄色ではどれが好きですか?

@SKH.á による構成

選択疑問文は、 選択肢を á で繋げて文中に置くことでも作られる。 このとき、 á で繋がれた名詞の塊全体が疑問詞として働く。

pa sâfat a loc e zef á bag á nev?
赤色と青色と黄色ではどれが好きですか?

á は節を繋げることもできる。 この場合、 á の代わりに別形の が使われることが多い。 á は連結辞であるため、 これによって繋がれた節の両方の動詞の前に pa が置かれることに注意すること。

pa harat e loc, pa dodat e loc?
あなたは楽しんでいますか、 それとも悲しんでいますか?

動詞の後に á dulos と続けると、 肯定か否定かを選ばせる選択疑問文を作ることができ、 結果として諾否疑問文と同じ意味を出すことができる。 これは、 通常の諾否疑問文よりも肯定か否定かをはっきりしてほしいというニュアンスが加わった疑問文として、 よく使われる形である。

pa bozetes á dules a loc e qaled i tel?
あなたは私の弟を殴ったのか殴っていないのか?

@SKA.回答方法

選択疑問文に答えるときの特殊な表現はなく、 基本的に疑問詞疑問文と同じ答え方をする。 疑問詞疑問文への答え方は @SKL を参照。

間接疑問

@SKE.疑問詞疑問文と選択疑問文

疑問詞疑問文や選択疑問文が kin 節となって文の一部となる場合、 その疑問文から pa を取り除いた形をそのまま使う。 kin 節については @SVM で詳しく述べる。

例えば、 以下のような疑問文があるとする。

pa qetat a sod i loc vo pâd?
あなたの家はどこにありますか?

この疑問文を他の文の一部として扱いたい場合は、 ここから pa を取り除いた節を用いて以下のようにする。 ただし、 この文全体は疑問文ではないで、 文末はパデックではなくデックになる。

sokat a tel e kin qetat a sod i loc vo pâd.
私はあなたの家がどこにあるか知っている。

@SKI.諾否疑問文

諾否疑問文が文の一部となる場合、 まず疑問文の動詞の後に á dulos を続けて肯定か否定かを選択させる選択疑問文に変えた後で、 pa を取り除く。 このようにするのは、 諾否疑問文には動詞に付けられた pa 以外に疑問マーカーがないため、 pa を取り除くと疑問文なのか平叙文なのかが区別できなくなるためである。 なお、 á dulos を付け足した選択疑問文については @SKH を参照のこと。

dusokat a tel e kin kavat á dulat a loc e nîl.
私はあなたに兄がいるかいないか知らない。