kin

@SVY.構成

機能辞である kin の後に節を続けることで、 全体で 「~ということ」 という意味の名詞節を作ることができる。 この名詞化された節は 「kin 節」 と呼ばれ、 kin 節が付随する助詞句はしばしば 「kin 節句」 と呼ばれる。

salot e asas a kin feraces a ces ca fax.
彼が母親を手伝ったのは良いことだ。

上の例文では、 feraces 以下の節が名詞化され、 通常の名詞と同様に助詞の a を伴って文の主語となっている。

kin 節の中身が長い場合は、 kin の直後にタデックを置くことがある。 特に kin 節の中身が複文になっている場合は、 kin の直後にタデックが置かれることが多い。

revat a tel e kin, te câses a'l e ces, savet nicasos a'l ca's e litéz.
彼に会ったときに傘を渡すべきだったと思った。

@SVH.kin 節を修飾する語句

kin 節の内容全体を何らかの語で修飾したい場合は、 その修飾語を kin の直後に置く。

haros e tel a kin etut yepelos a'l.
私の気分を良くするのは歌うことだけだ。

上の文では、 etutkin 節全体に修飾させて 「歌うことだけ」 という意味にするために、 etutkin の直後に置かれている。 なお、 etutyapelos の直後に置くと、 etutkin 節全体ではなく yapelos を修飾してしまうので、 意味が 「歌うだけで気分が良くなる」 に変わってしまう。

@SVA.kin 節内の時制の基準

kin 節内の時制は、 主節の時制と相が表している時間に対する相対的な時を表す。 詳細は @SGI を参照。