Avendia19
English

翻訳文

e ʻalis, pôzac ovel ebam zi'n déqat a's ca zehrisis vo fîc ica hinof, lo kavat a's e dat dozat lesas e a's. zesqikas a ces la tal al'atis é al'aqec e xoq lîdac e a hinof, dukavat a cit e qinat o lek. lo, revas a ces. «pa salot e pil a sokus i xoq ide qinat o lek

ce, soxas a ces qi soxotduqifat lîgifas a's e cal, vade meberat o folnasat ovel ebam e's a zalnate'n kavat á dulat e sokos a kin hitis a's ce dehisis a's e lissod so qikis a's e lîs zi met. te cal, cákas obâl cife vilis ca fîc ica ces a hapet axac kavat a e lisaz ahafas.

dusalat a cal e aniszaz ebam. revas ocavas a ʻalis e'n dusalat e atùk ebamfedakis a's e'n salet a cal e aduvekos te soxis a's loke cal te càd, salat te cal a zel aves e analef ekoz itazi cesa kin tufosas a hapet acik. «â, pa savat e pil? melosaf a tel fotaqas onás a hapet acik zi cikot i sevlat e sokiq, ce licas a cit e sokiq acik, ce fôcas vilisas ovop ofev a't. vade kebatas e ʻalis ca kin vomes licos a's cate sot e hapet adak kômat a e sevlat o vîticas a e sokiq, cataf a ces. fa delizac a ces zi caxel, dilsizas a ces e nalvaf so zizetis a's ca cit. onistecaf, qifat licas a ces e'n kûvas a cit ca filotsodvaf avâc i hapet ivo fîcdem izi nátalkìd.

te tesil acál, fodlisas a ʻalis ca filot acik, fa vomac soxos odum a ces e kin fovalis qi pil a's zi cêd.

salat a talik acates i filot-hapet e alîv ifeli tafecfil, lo salat a met acál ekòt e alitdem o abivtes. vo cêd, fôcas delivas a ʻalis otudkol evêk ziqo kavat a ces e lôk adak iso zedas tidikiz a's li toq, ce te kermesak a ces, qetat a's vo cêd afetus ica kûz i filotrix adêm ebam.

salat a filot acik e adêm ebam onás, delivac opadit a ces omêl ebam. vade kavat a ces e lôk avôl evod te lac, licfecas a's o soxas a's e'n kodis e pil te carip. peciqas licas otéc a ces cali dem so kôlilis a's e'n zêfac a's ca pâd, salat a cêd e ajût o qifat licas a's e dat. licas olescál a ces e talfec i filot, ce fedakas a's e'n keqikat ca cêd e tòked ifi qiqton o xoq, hikutat zi e cêd. ca tòked aves ivo vàtlic i ces, cekìdat e ceqèd é qinat. fa liteqac a ces ca tòked atac, fecòkas a's zi cit e kèllevkit, tepitat ca e lakûc kòdat ca e “maltem-lesit”. , fonas e ces, a kin tulafat e cit. durafat a ces e kin budejis a's e zis ivo dam qi deliviz a's li kèl, ziqo kétas ozeleg a's e cit ca tòked liteqac ca a's te sot.

revas a ces. «, teca delivik a'l qi vâd afik, venitis e'l ri deqtòlis a'l! e azécak, revis okôk a sofez aves i'l e'n salat a tel! **, benodis ca'l a dus, ri edif delivis a'l zi hilît izi sod s'e ayát, ofenâk ebam.

cali dem, cali dem, cali dem.

解説

こちらに文法的な解説があります。

考察点

2 段落 1 文目の原文である 「as well as she could」 は、 補足説明として 「できるだけだけのことはしたができなかった」 というニュアンスなので、 単に 「集中できなかった」 に相当する duqifat lîgifas とした。

3 段落 5 文目では、 「hurry on」 は 「すぐに走り始めた」 という感じで解釈し、 vilisas ofev とした。 vìf を用いると、 「走る」 という行為を普段より速く行うということになり、 少し文脈に合わない気がした。

3 段落 6 文目の kebat を原文の 「flash across one's mind」 を活かすような訳にできないか。

3 段落 7 文目では、 「burning with curiosity」 を 「好奇心に従って」 というように訳し、 これ全体を fa 節にした。

3 段落 8 文目の原文には 「in time」 とある。 しかし、 「間に合う」 に相当する sacav は 「動作をそれまでにするべきだと決められた時間より前に行う」 という意味であるが、 「ウサギが穴に入るのを見る」 という行為を行う時間が決められていたわけではないので、 ここで sacav を使うのは適切ではない。 したがって、 単に 「見ることができた」 と訳すことにした。

5 段落 1 文目の filot-hapet は、 その前に出てくる filotsodvaf i hapet の合成語化。

5 段落 1 文目は 「途中までまっすぐで突然下りになった」 と述べているが、 これは 「穴の最初の部分はまっすぐでそのすぐ次の部分が下りだった」 と考えて、 上のような訳にした。 「suddenly」 は met acál ekòtekòt を用いることで表現したが、 この kòt の使い方は正しいのだろうか。

6 段落 4 文目の 「cupboards and book-shelves」 は、 直訳して tòkedqiqton o tòkedxoq としてしまうと、 合成語の成分でとはいえ tòked が連続して綺麗ではない。 そこで、 「食器や本が置かれた棚」 と考えて tòked ifi qiqton o xoq とした。

6 段落 5 文目では、 「彼女が見たあらゆる棚」 を前の文から繋がる話題として文頭に置いた。 ここは、 原文では 「upon pegs」 と書かれているので、 忠実に訳すなら 「あらゆる棚の留め金」 とすべきである。 しかし、 そのようにすると、 名詞修飾の語句を単独で倒置することはできないという文法上の制約のため、 「留め金」 の修飾語句である 「棚」 を倒置することができない。 そこで、 「留め金」 を訳に入れるのは断念した。