活用総論

不定辞と助接辞に分類される単語は、 語形変化によって文法範疇を表すことがある。 シャレイア語では、 このような語形変化を品詞に関わらず 「活用conjugation」 と呼ぶ。

活用は、 変化しない 「語幹stem」 と呼ばれる部分に活用接頭辞や活用接尾辞を付けることで行われる。 語幹は辞書の見出し語に用いられる。 語幹が変化するような例外的な活用は存在しない。

動詞型不定辞の活用

@SDD.動詞として

動詞型不定辞が動詞として用いられた場合は、 語幹の後に 2 つの活用接尾辞を付けるという形で活用する。 1 つ目の接尾辞は時制を表し、 2 つ目は相と態を両方表す。 時制を表す接尾辞は以下の通りである。

時制
a現在時制
e過去時制
i未来時制
o通時時制

また、 相と態を表す接尾辞は以下の通りである。

相と態
f開始相通常態
c経過相通常態
k完了相通常態
t継続相通常態
p終了相通常態
s無相通常態
相と態
v開始相補助態
q経過相補助態
g完了相補助態
d継続相補助態
b終了相補助態
z無相補助態

例えば、 動詞型不定辞 sâf を過去時制継続相通常態として用いるときは、 et を語幹の後に付けて sâfet と活用する。

時制, 相, 態に関する具体的な説明は @SKO, @SGK, @SFT などを参照すること。

@SDK.形容詞か副詞として

動詞型不定辞が形容詞か副詞で用いられる場合は、 その文法的品詞に応じて以下の接頭辞を語幹の前に付ける。

品詞
a形容詞
o副詞

例えば、 動詞型不定辞 padit を形容詞として使うときは apadit と活用し、 副詞として使うときは opadit と活用する。

上記に加え、 動詞型不定辞には語幹の前に io が付いた形も存在する。 この形は、 動詞型不定辞の副詞形から派生したもので、 「非動詞修飾形nonverb-modifying form」 と呼ばれる。 これは、 動詞型不定辞が副詞として動詞に係っている状況で、 その動詞が成す節が名詞用法によって言い換えられたときにのみ現れる。 したがって、 意味は副詞として使われた場合と同じだが、 文法的には形容詞として働く。 この言い換えについては @SXJ を参照。

@SQO.名詞として

動詞型不定辞が名詞として用いられる場合は、 語幹をそのまま使い、 活用は行われない。

名詞型不定辞の活用

名詞型不定辞が形容詞として用いられる場合は、 常に活用接頭辞の a を付けて使われる。 名詞型不定辞が名詞として用いられる場合は、 語幹をそのまま使い、 活用は行われない。

副詞型不定辞の活用

副詞型不定辞は修飾詞修飾副詞か特殊副詞として用いられるが、 どちらの場合においても常に活用接頭辞の e を付けて使われる。 したがって、 副詞型不定辞は語幹部分のみで用いられることはない。

助接辞の活用

@SQH で述べたように、 助接辞は一般助接辞と特殊助接辞に分けられ、 活用の形態が異なる。

一般助接辞は、 語幹部分だけで用いると動詞を修飾する助詞句を作るが、 活用接頭辞の i を付けることで動詞以外を修飾する助詞句を作るようになる。 例えば te という助詞は、 te という形では動詞を修飾する助詞句を形成するが、 ite に変化すると名詞などの動詞以外を修飾するようになる。 語幹部分に i を付けた形は 「非動詞修飾形nonverb-modifying form」 と呼ばれ、 それに対応して語幹そのままの形は 「動詞修飾形verb-modifying form」 と呼ばれる。

特殊助接辞は、 原則として活用接頭辞の i が付けられた形で用いられる。 ただし、 特殊助接辞が接続詞として用いられている場合は、 言い換えによって i が付かない語幹そのままの形が現れることもある。 この言い換えについては @SVN を参照すること。

なお、 助接辞の i は、 本来の語幹は ∅ (何もなし) であり、 非動詞修飾形として活用接頭辞の i が付けられたのが i という形である。 この助接辞について言及するときに通常通り語幹を用いようとすると、 語幹が何もないため不便なので、 非動詞修飾形である i を代わりに用いているのである。 辞書の見出し語にも i という形を用いる。 このような事情のため、 i の非動詞修飾形は ii ではなく i であることには注意すること。

極性による活用

不定辞は、 @SDT, @SDB, @SDG で述べた活用形に加えて、 活用接頭辞の du を語幹の頭に付けると 「否定形」 と呼ばれる形になる。 ここで、 形容詞や副詞として使われる不定辞を否定形にする場合は、 その文法的品詞を表す活用接頭辞の後に du を入れる。 例えば、 safey を形容詞として使うときは asafey という形になるが、 これの否定形は adusafey となる。

動詞や形容詞や副詞として使われている不定辞の否定形は、 「~ではない」 という否定の意味になる。 また、 名詞として使われている不定辞の否定形については、 名詞型不定辞であれば 「~以外のもの」 という意味になり、 動詞型不定辞であれば 「~しないこと」 という意味になる。 この違いには注意すること。 例えば、 名詞型不定辞である sakil の名詞否定形 dusakil の意味は 「リンゴではないもの」 だが、 動詞型不定辞である sôd の名詞否定形 dusôd の意味は 「食べないこと」 であって 「食べること以外のこと」 ではない。

否定形を使った否定表現については @SKS も参照されたい。