Avendia19
English

日記 (2020 年 2 月 11 日)

にゃーん。

ἄμεινον < ἀγαθός 「良い」。 不規則な比較級の形で、 男性単数主格形は ἀμείνων です。

πλέον < πολύς 「多くの」。 これも不規則な比較級の形で、 男性単数主格形は πλέων です。 なお、 πλείων という形もあります。

文の根幹部分は βουλοίμην で、 その目的語が γενέσθαιποιῆσαι です。 途中で εἴ から始まる従属節が挟まっています。

文の後半ですが、 πλέον τι ποιέω の形で、 「~以上の何かをする」 すなわち 「~に成功する」 の意味になります [X:πλείων-A.II.1]。 ここでは、 その後に不定詞の ἀπολογούμενον が続いているので、 「弁解することに成功する」 の意味で使われています。 με は対格形で ποιῆσαι の主語を表し、 ἀπολογούμενον はこれに一致しています。

οἶμαι < οἴομαι 「思う」。 最初の母音の部分が短くなった形です。

後半の節は、 根幹となる動詞が λανθάνει で、 その主語が οἷόν ἐστιν という間接疑問節であり、 目的語が με です。 直訳すれば 「それがどのようであるかということが私に気づかれていない」 となり、 もう少し自然な文にすれば 「私はそれがどのようであるか気づいていない」 と訳せます。 さらにここに οὐ πάνυ が係り、 この内容が否定されています。 なお、 οὐ πάνυ で 「全く~ない」 という強い否定を表します [X:πάνυ-A.I.3]。