Avendia19
English

日記 (2020 年 2 月 3 日)

にゃーん。

ἀλογώτατον < ἄλογος 「不合理な」。 最上級形は ἀλογώτατος で、 -τατος を合成するときに母音が伸びます。 一般に、 -τατος や -τερος を付けて最上級形や比較級形を作るときに、 語幹の後ろから 2 番目の音節が短母音で直後に続く子音が 1 つ以外の場合、 語幹の最後の音節が長母音になります [S:§314]。 ギリシャ語は、 短母音の音節が連続するのが嫌いなようです。

οἷόν < οἷος 「ような, できる」。 基本的には英語の such as に相当する形容詞ですが、 不定法が続くと able に相当する意味になります。 特に、 οἷόν τε ἐστί という形か、 もしくは ἐστί が省略されて οἷόν τε という形で、 「~することができる」 を表します [X:οἷος-A.III.2]。

πλὴν < πλήν 「~を除いて」。 英語の except に相当する単語で、 属格支配の前置詞としても使えますし、 別の接続詞の前に置かれることもあります [X:πλήν-B.II]。 例えば、 今回の場合のように πλὴν εἰ とすれば、 「~である場合を除いて」 や 「~でなければ」 の意味になります。

κωμῳδοποιὸς < κωμῳδοποιός 「喜劇詩人」。 κωμῳδία 「喜劇」 と ποιέω 「作る」 と -ος の合成語です。 κωμῳδία は comedy の語源ですね。

文構造についてですが、 ὃ πάντων ἀλογώτατον が主語で、 ὅτι 以下がその補語です。

διαβολῇ < διαβολή 「中傷」。 δια- 「~を横切って」 と βάλλω 「投げる」 が合成された διαβάλλω 「横切る, 抽象する」 に、 さらに -η (抽象名詞を作る接尾辞) が合成されたものです。 -η の代わりに -ος を付けたのが διάβολος 「悪魔」 です。 これは英語の diabolic にもなっていますね。

文構造についてですが、 ὅσοι 以下と οἱ 以下が同格で οὗτοι に係っているとすれば良さそうです。 どうも ὅσοι が関係代名詞的な役割を果たしているようなのですが、 ὅσοι にそのような意味があるのを辞書で確認できませんでした・・・。 どうなってるの?