Avendia19
English

モノとコトに関する概略

ある単語が助詞句 (助詞が非動詞修飾形になっているものも含む) によって修飾を受けているとき、 その助詞にモノ名詞が置かれるかコト名詞が置かれるかは厳格に決まっている。 また、 形容詞の被修飾語についても、 それがモノ名詞であるかコト名詞であるかは厳格に決まっている。 この決まり方についての詳細はこちらを参照すること。

しかし、 一部の単語では例外的に、 それに係る助詞句や被修飾語にモノ名詞とコト名詞の両方を許す場合がある。 このページでは、 そのような単語に関する総論を述べる。

例外単語

知覚動詞

「見る」 の意味の lic や 「聞く」 の意味の qerit のような知覚動詞は、 知覚した対象であるモノ名詞を e 句に置くことも、 知覚した内容を表すコト名詞を e 句に置くこともできる。 例えば、 以下はともに正しい文である。

この規則が定まるまでの経緯については、 以下の更新日記を参照すること。

sal

≡╹ω╹≡。

その他

ここで個別に述べた単語以外にも、 モノ名詞とコト名詞の両方をとる単語は存在する。 そのような単語については、 辞書の該当項目の語法欄に詳しい用法が書かれているはずので、 適宜参照すること。