準飾辞

シャレイア語では、 既存の単語の前や後について新しい単語を作る役割をもつ形態素を 「準飾辞quasidecorative」 と呼ぶ。 準飾辞ごとに単語の前に付けるか後に付けるかが決まっている。 準飾辞を付けることによる意味の変化は規則的であるため、 準飾辞にはある程度の生産性があり、 準飾辞を付けることで辞書に載っていない新語が作られる場合がある。

準飾辞を単独で記載するときは、 前置するものはロセックを最後に置き、 後置するものはロセックを最初に置く。 これにより、 その形態素が準飾辞であることが示され、 さらにそれが単語の前後どちらに付けられるものなのかが分かる。 例えば、 qil+ は常に前に付けられ、 +tip は常に後ろに付けられる。 ロセックについては #SDZ も参照。

準飾辞は必ず何らかの単語の合成成分であり、 既存の単語と語源関係をもたないものは存在しない。 これは、 既存の単語の合成成分による合成例が増えて生産性をもつようになったものが準飾辞となるためである。

倍数接頭辞

ζ*'ヮ')ζ。

接辞倍数
no102
ti104
qe108
yo1012
pi1016
xa1020
ri1024
接辞倍数
mu102
da104
ci108
hu1012
ba1016
je1020
la1024