Avendia19
English

タイル番号

Tsolitaire のタイルは全部で 35 枚あり、 全て異なる道が描かれています。 棋譜などでタイルを記す際に用いるため、 タイルには 0 から 34 までの番号が振られています。 番号は 0 から始まることに注意してください。

以下の盤面は、 全てのタイルを回転していない状態で並べたものです。

ABCDEF
1
0T
1T
2T
3T
4T
5T
1
2
6T
7T
8T
9T
10T
11T
2
3
12T
13T
14T
15T
16T
17T
3
4
18T
19T
20T
21T
22T
23T
4
5
24T
25T
26T
27T
28T
29T
5
6
30T
31T
32T
33T
34T
6
ABCDEF

このサイトでタイルを記す際は、 12 のように番号と一緒にタイルの画像も表示するので、 番号は殊更覚える必要はありません。 私も覚えていません。

マスの位置

Tsolitaire の盤面は 6 × 6 のマスから成ります。 この行には上から順に 1 から 6 までの番号を付け、 列には左から順に A から F までのラテン文字を対応させます。 盤面の各マスは、 この行の数と列のアルファベットをこの順で並べることで呼びます。 例えば 「3B の位置」 と言ったら、 上から 3 番目で左から 2 番目のマスのことを指します。

また、 Tsolitaire の戦略を述べるときに用いる、 盤面の特定の範囲を指す言葉もあります。 これは、 このツイートをもとにしたものです。 盤面上に豊かな大自然が広がりましたね。

ABCDEF
1
1
2
2
3
3
4
4
5
5
6
6
ABCDEF