Avendia19
English

être, il y a, exister, se trouver

A être, il y a A, A exsiter, A se trouver はどれも A の存在を表す表現だが、 それぞれ使われ方が異なる。

まず être は特定の人や物の存在に対してのみ使われる。

一方、 il y a は不特定の人や物が対象となる。

exister は具体的に場所を指さずに存在を表し、 他の表現に比べて存在の意味合いが強くなる。

最後の se trouver は、 必ず場所を表す言葉を伴って用いられ、 「~に行きつく」 というニュアンスが少し含まれるらしい。