Avendia19
English

日記 (2019 年 8 月 13 日)

定義 11 です。

最初の ἀμβλεῖα は、 「鈍い」 を意味する ἀμβλύς の女性単数主格形です。 この形容詞は -υς/-εια/ という語尾をもち、 男性形と中性形で 幹第 3 変化をし、 女性形で第 1 変化をします [§84]。 幹の第 3 変化では、 8 月 11 日に出てきた 幹のときと同様に、 の他に -ευ という語幹を持つことが原因の特有の形が出てきます [§62]。

ἀμβλύς
単.主ἀμβλύςἀμβλεῖ-αἀμβλύ
単.属ἀμβλέωςἀμβλεί-αςἀμβλέως
単.与ἀμβλεῖἀμβλεί-ᾳἀμβλεῖ
単.対ἀμβλύνἀμβλεῖ-ανἀμβλύ
単.呼ἀμβλύἀμβλεῖ-αἀμβλύ
複.主ἀμβλεῖςἀμβλεῖ-αιἀμβλέα
複.属ἀμβλέωνἀμβλει-ῶνἀμβλέων
複.与ἀμβλέσιἀμβλεί-αιςἀμβλέσι
複.対ἀμβλεῖςἀμβλεί-αςἀμβλέα
複.呼ἀμβλεῖςἀμβλεῖ-αιἀμβλέα

次に μείζων ですが、 これは 「大きい」 を意味する μέγας の不規則な比較級です [§70]。 これは、 男性形と女性形が同じ形となり単数主格形が -ων で、 中性形の単数主格形が -ον になります。 曲用は、 全て 幹第 3 変化に準じますが、 一部に 幹に由来する別形があります [§75]。 幹の第 3 変化では、 複数与格で語尾の σ が消えますが、 -ντ 幹のときとは違い前の母音が延長されることはありません [§57]。

μείζων
男/女
単.主μείζωνμεῖζον
単.属μείζον-οςμείζον-ος
単.与μείζον-ιμείζον-ι
単.対μείζον-α, μείζωμεῖζον
単.呼μεῖζονμεῖζον
複.主μείζον-ες, μείζουςμείζον-α, μείζω
複.属μειζόν-ωνμειζόν-ων
複.与μείζο-σιμείζο-σι
複.対μείζον-ας, μείζουςμείζον-α, μείζω
複.呼μείζον-εςμείζον-α

文構造の解釈ですが、 注意すべきなのは比較の箇所だけですね。 比較級において比較される対象は、 比較元の格と一致させて接続詞の で明示するか、 属格にすることで明示します [§73]。 今回は後者のパターンで、 μείζων ὀρθῆς の部分で 「直角より大きい」 の意味になっています。

短かったので、 続けて定義 12 です。

最初の ὀξεῖα は、 「鋭い」 を意味する ὀξύς の女性単数主格形で、 曲用は ἀμβλύς と同じです。 この単語は、 英語の oxygen や oxymoron の oxy- に残ってますね。

次の ἐλάσσων は、 「少ない」 を意味する ὀλίγος の不規則な比較級です [§70]。 曲用は μείζων と同じです。 ちなみに、 アッティカ方言では ἐλάττων と書かれますが同じ単語です。

文構造は一部の単語が省略されているのを除けば前の文と一緒なので、 もう良いですね。

定義 13 もやっちゃいましょう。

τινός は、 不定代名詞 τις の単数属格形です。 出てくるのは初めてですが、 活用は 8 月 9 日ですでに確認しましたね。 単独で 「ある人」 や 「あるもの」 を表したり、 形容詞的に 「ある」 の意味になったりします。