Avendia19
English

日記 (2019 年 8 月 10 日)

定義 5 です。

8 月 8 日にやった定義 1 と同じ構文なので、 難しくありませんね。 新しく ἐπιφάνειαπλάτος が出てきましたが、 それぞれ εὐθεῖαμέρος と同じ曲用をします。

いきなり蛇足ですが、 最初に出てくる ἐπιφάνεια は、 「著名な」 や 「出現する」 を意味する形容詞 ἐπιφανής が名詞化されたもので、 これはさらに 「出現させる」 や 「現れる」 を意味する動詞 φαίνωἐπι- が付いたものが由来です。 ἐπιφάνεια 自身には 「出現」 や 「見える部分」 の意味があり、 そこから幾何学の文脈で 「面」 も表すようになったっぽいです。 φαίνω は phenomenon の pheno- のところに残ってますね。

μόνον は、 英語の only に相当する形容詞の μόνος の中性単数対格形です。 形容詞の中性対格形は、 単数複数を問わず、 副詞的に用いられることがあります。 μῆκος καὶ πλάτος に係る形容詞だとすると単数形なのがおかしいので、 ここでは副詞的に使われているのだと思います。

ところで、 この μόνος ですが、 英語の接頭辞の mono- に残ってますね。 化学物質の名前でよく使われるので、 そういう文脈で 「mono- はギリシャ語で 1 を表していて」 という説明を見ますが、 μόνος は厳密には only や unique に対応する単語なので、 微妙に違いますよね。 ギリシャ語の数詞の 1 は εἷς (女性形 μία, 中性形 ἕν) です。

最後の ἔχει は、 「もつ」 の意味の ἔχω の直説法能動相現在時制の三人称単数形ですね。 今さらな感じもしますが、 動詞の直説法能動相現在時制の活用を復習しておきます [§28]。

ἔχω
直.能.現
一単ἔχ-ω
二単ἔχ-εις
三単ἔχ-ει
一複ἔχ-ομεν
二複ἔχ-ετε
三複ἔχ-ουσι
ἔχ-ειν

次の定義 6 も短いのでやってしまいます。

これはもう言うことないです。