Avendia19
English

日記 (2019 年 8 月 17 日)

定義 20 です。

文頭には τῶν τριπλεύρων σχημάτων という 「三辺形」 の意味の属格の名詞句があります。 これが直後の ἰσόπλευρον τρίγωνόν を連体詞的に限定しているとすると、 合わせて 「三辺形の等辺三角形」 となりますが、 何か不自然です。 属格には 「~のうち」 のような部分に対して全体を明示する役割があるので、 この意味だと考えれば、 「三辺形のうちの等辺三角形」 と訳すことができ、 文意が通ります。

続く ἐστι の後は等辺三角形の定義です。 まずは τὸ があるので、 単数主格形の中性名詞を探すと、 分詞の ἔχον が見つかります。 そこで、 いつも通りこの間にある τὰς τρεῖς ἴσας の部分は ἔχον に係る修飾語だと考えると、 ここは 「3 つの等しいものをもつもの」 と訳せますが、 「等しいもの」 が何なのか分かりませんし、 ἔχον の直後にある πλευράς が浮いてしまいます。 ここは、 τὰςτρεῖςἴσας は全て πλευράς に係っているとし、 τὰς τρεῖς ἴσας πλευράς という塊で ἔχον の目的語を表しているとすれば、 「3 つの等しい辺をもつもの」 となり、 等辺三角形の定義として妥当になります。 この解釈では τρεῖς などが ἔχον を飛び越えて修飾しているわけなので、 英語などの感覚からすると不自然ですが、 実は古典ギリシャ語では十分あり得ます。 このような構造は non-projective と呼ばれるそうです。

コンマの後は ἰσοσκελὲς とあり、 その後に τὸ から始まる前の箇所と同じような構文が続きます。 ἰσοσκελής は、 「等しい」 の意味の ἴσος と 「脚」 の意味の σκέλος が合成された形容詞で、 ここでは 「二等辺の」 の意味で使われています。 三角形の 1 つの頂点から伸びる 2 本の脚 (というか辺) が等しいというわけですね。 なお、 ここの ἰσοσκελὲς は形容詞なので、 直後に τρίγωνον が省略されていると考えて 「二等辺三角形」 と訳すのが良さそうです。

最後の箇所もこれまでの 2 つと同様で、 不等辺三角形の定義をしています。

続けて定義 21 もやります。

前の文と同じような感じですね。 τῶν τριπλεύρων σχημάτων は 「三辺形のうち」、 ὀρθογώνιον τρίγωνόν は 「直角三角形」、 τὸ ἔχον ὀρθὴν γωνίαν は 「直角をもつもの」 です。 残りの 2 つの節も同様です。

最後の τὸ τὰς τρεῖς ὀξείας ἔχον γωνίας だけは注意が必要で、 前の文のときにも触れたように、 τὰςτρεῖςὀξείας が全て ἔχον を飛び越えて γωνίας に係っています。 つまり、 「3 つの鋭角をもつもの」 ですね。