接続詞としての助接辞の種類

@SJQ.一般助接辞の動詞修飾形

一般助接辞の動詞修飾形が接続詞として使われると、 2 つの節を繋ぐ。 詳細な用法の説明は @SVP に譲る。

@SJX.一般助接辞の非動詞修飾形

一般助接辞の非動詞修飾形が接続詞として使われるのは、 次のいずれかの場合でのみ現れる。 いずれの場合も、 動詞修飾形として 2 つの節を繋いでいた状態からの言い換えで生じるものである。

@SJJ.特殊助接辞の動詞修飾形

特殊助接辞は基本的に非動詞修飾形として使われるため、 原則として特殊助接辞の動詞修飾形は現れない。 しかし、 特殊助接辞の非動詞修飾形が接続詞として使われていた状態から、 その接続詞詞が主節全体を修飾する形に言い換えが行われた場合、 特殊助接辞の動詞修飾形が現れる。 これについて詳しくは @SVN で述べる。

@SJL.特殊助接辞の非動詞修飾形

特殊助接辞は原則として非動詞修飾形として用いられ、 接続詞としては、 その後ろに節を伴って、 全体で名詞や形容詞や副詞を修飾する。 詳細な用法の説明は @SVX に譲る。

接続詞としての動詞修飾形助接辞

@SVB.総論

助接辞の動詞修飾形が接続詞として使われている場合は、 2 つの節を繋げてそれらの節の関係性を示す役割をもつ。 このとき、 接続詞は 2 つ目の節の先頭に置かれる。 接続詞が置かれた方の節を 「接続詞節coordinate clause」 と呼び、 そうでない方の節を 「主節main clause」 と呼ぶ。 接続詞の直前にはタデックが置かれるが、 繋がれている節がともに短い場合などでは、 このタデックが省略されることがある。

kavat a tel e xoq avôl, vade sêfat a tel e met.
私はたくさんの本を持っているが、 それは私が本を好きだからだ。
déxet a ces fa déqet a's ca dezet.
彼女は椅子に座って寝ていた。

一般助接辞の動詞修飾形が接続詞として使われている場合、 接続詞節全体を主節の前に移動させることができる。 この場合、 接続詞節と主節の間には常にタデックが必要である。 なお、 連結辞が節を繋いでいる場合は、 この移動をすることはできない。

vade sêfat a tel e xoq, kavat a tel e met avôl.
本が好きなので、 私はたくさんの本を持っている。

@SVC.接続詞節を修飾する語句

接続詞節全体を何らかの語で修飾したい場合は、 その修飾語を接続詞の直後に置く。

kômot a ces e levlis, te edif ricamos a ces.
彼は泳ぐときでさえも眼鏡をかけている。

@SVQ.接続詞節内の時制の基準

助接辞の動詞修飾形が接続詞として使われているとき、 その接続詞節の時制の基準は主節と同じであり、 主節の時制に依存しない。 詳細は @SGE を参照。

接続詞としての非動詞修飾形助接辞

@SVJ.総論

助接辞の非動詞修飾形が接続詞として使われる場合は、 助接辞の後ろに節を伴って、 全体で名詞や形容詞や副詞を修飾する。 接続詞が置かれた方の節を 「接続詞節coordinate clause」 と呼び、 その接続詞節が修飾する語句を含む節を 「主節main clause」 と呼ぶ。

salot a dev e zat iso kôdos a vas e lakad.
ペンは文字を書くためのものだ。
déxet a ces ovel ifeli vahixat a's.
彼は死んでいるかのように眠っていた。

@SVL.接続詞節内の時制の基準

助接辞の非動詞修飾形が接続詞として使われているときは、 その接続詞節内の時制は主節の時間に対する相対的な時を表す。 例えば、 主節が過去時制で接続詞節が現在時制ならば、 限定節は過去における現在を表すので、 過去に起こった出来事であるということになる。 詳細は @SGI を参照。