Avendia19
English

検索フォーム

 
   
  
    
    
 

検索結果

l/l/ 1066

する
させる

語法:
同じ動詞の重複を避けるため、 前に出てきた動詞の代わりに用いる。 動詞とそれを修飾するいくつかの助詞句全体の代わりにもなる。 前の動詞と時制や相が一致している必要はない。 注意すべきなのは、 前の動詞と内容まで一致するわけではないということである。 言い方を変えれば、 代詞の cit ではなく met に対応する。
語法:
受ける動詞句が否定文の場合、 l の肯定形 (否定接頭辞がつかない形) の意味は否定文になる。 一方、 l を否定形で使うと、 前の否定文の否定を意味するので肯定の意味になる。 以下の例文を参照。
1 ~ 1
1